京都大学鉄道研究会blog
プロフィール

kyodaitekken

Author:kyodaitekken
京都大学鉄道研究会のブログです。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QRコード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第55回京都大学11月祭(NF)に出展します
さていよいよ明日から年に四日の祭典、京都大学11月祭(NF)が始まります。
例年通り私たち鉄道研究会も出展します。

131120-0.png

(0)概要
出展サークル名:京都大学鉄道研究会
場所:京都大学 吉田キャンパス 吉田南構内 吉田南総合館西棟3F 共西31教室
日時:11/21(木)~24(日) 各日10:00~17:00

(1)模型部会(鉄道模型ジオラマの運転)
毎年好評を頂いているNゲージレイアウトの運転を行います。

例年のことですが今年も皆様に大切なお願いがあります。

①車両持込による運転
平日(21・22日):
4線のうち、2線を開放します。適宜譲り合っていただければ、ご自由にご利用いただけます。
土曜・休日(23・24日):
4線のうち、1線のみの開放です。また10時以降先着順に整理券を配布しますので、
決まった時間内で車両の配置~運転~撤収をしてください。

②車両貸出による体験運転
平日(21・22日):
係りの者にお尋ね下さい。歓迎いたします。
土曜・休日(23・24日):
4線のうち、常時1線を体験運転用に準備しておりますので、係りの者にお声掛け下さい。

③禁止・免責事項
明らかに当会の責めに帰せられる理由によるもの以外、当会のレイアウトを利用されたことによるいかなる損失も補償致しかねます。
また、当会およびその会員、他の方が所有するレイアウトや車両などに手を触れたりなさらないよう、お願いいたします。
そのようなものを破損された場合、相応額を補償いただく場合があります。
:最近貸しレイアウト屋さんでトラブルが多いらしいので、一応書いておきます。世知辛いなあ…

④その他
土休日は例年大変な混雑ですが、平日は比較的空いております。
平日お越し頂ければ、お持ちの車両のメンテナンスなど、相談にお応えできるかもしれません。

(2)研究部会(研究誌「葵」等の配布・販売)
2013年度の葵は地方ローカル線をメインテーマとし、地方交通線の今までとこれからに焦点を当てた一冊となっております。
今年はもう一冊、有志が集まって執筆した「離島あおい」も配布する予定です。
どちらも無料でお配りします。冊数に限りがありますのでご入用の方はお早めに。

また、2012年度以前のNF「葵」のうち、コミケ等イベント販売用に装丁したものの在庫がございます。
1冊定価1000円、会場で頒布いたします。

(3)写真部会(写真展示)
額装パネル展示と、廊下での模造紙展示を行います。
展示内容は例年通りですが、今年は展示用パネルを全て新調しました。
今年も写真展示のアンケート(投票)を行いますので、ご協力頂ければ幸いです。

(4)物販関連
昨年開催された即売会「キチケット」は今年開催されないことになったので、全て展示教室(共西31)にて頒布します。

①京大鉄研オリジナル 2014年カレンダー
131120-1.png
50部限定、おひとつ800円です。お早めにお求め下さい。

②「葵」
131120-4.jpg
先述の研究誌です。1冊定価1000円。

③京都市営バス 方向幕タオル第二弾
131120-3.png
好評を頂きました前年の第一弾に続き第二弾の発売です。1枚700円。
詳しくは同人サークル「綾波旅客鉄道株式会社」HPへ。

④「京都大学鉄道研究会雑誌」
131120-2.jpg
OB有志により数年ぶりに発行された研究雑誌です。1冊2000円。


(5)京大鉄研からのお願い
・開場は10時とさせて頂きます。早めに来ていただいても、対応できない場合があります。
・会場内は飲食禁止です。またゴミは教室内では捨てられません。普段は我々の使う教室ですから、美化にご協力ください。
・親御さんへ
お子様のマナーにご注意ください。
鉄研(会員)や他の方の模型等に手を触れたり、走り回ったりなされると、思わぬトラブルやケガの元になります。
昨年、会場内を走り回っていたお子様が写真パネルの下敷きになりかける事態もございました。
どうか来場される方の皆様が、安全に気持ちよくお過ごしいただけますよう、お気をつけ下さい。
学生の行事ではありますが、研究の場であることを今一度ご留意の上、お楽しみ頂ければと思います。


以上NFでの出展内容の告知でした。
それでは会場でお会いしましょう!お待ちしております。
スポンサーサイト
秋の撮影会2013(一日目)
お久しぶりです。Web係です。
NFが近くなって仕事が急増し、なかなかブログの更新ができませんでしたがこれからNFまでの間はできるだけNF関連の情報を発信できるよう頑張ります。

さてそのNF関連の情報の前に、去る10月26-27日に行われた秋の撮影会の報告をしたいと思います。

今回の撮影会、当初は湊線100周年祭が開催されることもあってひたちなか海浜鉄道の方に行く予定だったのですが、開催日の直前になって台風の影響で祭が延期になってしまいました。
そこで急遽別の行先を募集すると、高崎周辺に行きたいとの声があったので、高崎に行ってきました。

10月25日(金)の例会・飲み会後、車で出発(もちろん私は飲んでません)。
名神・中央道経由でまず最初の目的地、坂城駅へ。
131112-1.jpg
夜明け前の坂城駅。ここには今年春に引退した169系が一編成まるごと保存されています。
雨も降っていて非常に寒かったですが、初めて169系を見る部員も多く良いスタートとなりました。
坂城駅を出ると再び東へ。途中横軽の廃線跡を横に見ながら碓氷峠を下り、やって来たのは峠の湯。
131112-2.jpg
169系を見たら、次はEF63です。数多く保存されているEF63の中でも、これは個人所有のものとのこと。用途廃止から15年経って劣化も激しいですが、峠のシェルパの頼もしさは健在です。

初電が走り始めたので保存車めぐりはこのくらいにして、高崎周辺で撮影を開始します。
131112-2.jpg
左上)高崎周辺では湘南色の115系がまだまだ活躍を続けています。その中でもこれはサハ115を組み込んだ編成。短編成化で真っ先に淘汰されるサハの貴重な生き残りです。
左下)上信電鉄の元西武401系。関西では近江鉄道にも居る形式ですね。
右上)高崎機関区のDD51達。奥でビニールシートを被ってる車両はもしかして・・・
右下)高崎機関区から出てきたC61を一発。SLみなかみ号の牽引機となります。
131112-3.jpg
SLみなかみ号が高崎に停車している隙に先回りして新前橋手前のポイントにて。

SAで昼食をとり、次の目的地秩父に向かいます。
131112-c2.jpg
樋口~野上間のポイントにて。秩父鉄道は旅客車の種類と貨物列車の本数が多く撮影していて飽きないです。この時はほんの一時間ほどの撮影でしたが1000系以外の旅客車とデキ103(赤塗装)/105牽引の貨物列車が来てくれました。

131112-c3.jpg
さて場所を移動して上長瀞の荒川橋梁へ。
ここでようやくこの日初の1000系(元国鉄101系)が来てくれました。(右上)

131112-27.jpg
そしてこちらでもSL、パレオエクスプレスを。
朝は雨降る悪天候でしたが昼からはそれまでの天気が嘘のように晴れて絶好の撮影日和となった一日でした。

太陽が隠れても撮影は続きます。続いて広瀬川原にある秩父鉄道の車庫へ。
131112-c4.jpg
ここでは既に現役を引退した1000系のスカイブルー編成(左上)や丁度戻ってきたパレオエクスプレス用客車の入換を撮影(右上/左下)、その後羽生で折り返してきたオレンジの1000系を撮影し、昼間の撮影はこれにて終了となりました。

その後は宿のある新前橋に車を走らせ、途中にあったやよい軒で夕飯。このサークルでは今年の総務がやよい軒推しなので新入生にもやよい軒ファンが増えつつあります。
新前橋のホテルにチェックイン後、電車(115系)に乗って高崎駅へ。バルブ撮影の始まりです。
131112-c5.jpg
非常に寒く疲れも溜まっていたので1時間ほどしか居なかったのですが、その間にも結構収穫がありました。
左上)115系3+3の編成。高崎以北の列車は5割ほどが115系です。また、装備も原型に近いのでまるで国鉄時代。
右上)211系5両編成。これも関東では結構有名な編成で、高崎では前面幕がLED化されず残る唯一の編成です。もう211系そのものが少なくなってきてますけどまだもう少し活躍するようです。
左下)651系の直流化改造でいよいよ引退が秒読み段階に入ってきている高崎線の185系。
近くで見てみると思ってた以上に汚れが目立ちます。
右下)165系の機器流用車107系。日光線の車両が引退した後も高崎地区の車両はまだ活躍しています。車体こそJR化後の新製ですが足回りと屋根上を見るとモロに急行型で面白い車両です。

高崎駅でのバルブ撮影終了後、新前橋のホテルに戻り翌日に備え就寝します。

長くなりそうなので一旦ここで報告を終わります。翌日分はまたの機会に。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
タグの前に配置すること-->
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。